社会におけるjcssの扱い

new posts

  • 社会におけるjcssの扱い

    jcssマークの証明書 何かものを作る際、正確な測定機器が必要…

    » read

  • 認定業者と製品の信頼度

    jcss認定業者を利用するメリット 物の長さなどを測る際にその…

    » read

jcssマークの証明書

何かものを作る際、正確な測定機器が必要不可欠となっています。さらにその測定機器は、国が定めている「基準」である測定機器と合っているかも重要になります。その国が定めた基準と違っている場合は、また校正する事業者が必要不可欠です。しっかり校正を受けている測定機器で作られるものは、それだけ高品質だという評価をされます。
この際よく見る「jcss」とは、「Japan Calibration Service System」が略されたものです。このjcssは校正事業者登録制度と計量標準供給制度の2つのことを指しており、校正事業者がこれらの制度の審査をクリアすることで、より信頼できるものづくりが行えます。現在日本国内の製造業は海外からも信用が高くなっており、そのことから計測機器の構成を行う事は「信頼性を確保する」という点において非常に重要な目的とされています。
jcss認定事業者から校正された測定機器は、jcssマークの証明書が発行されることになります。このマークがついていることで、「間違った記載はしていない」という信頼を得ることが出来ます。すべてのものの、「ほんの小さな間違い」が命取りになってしまうというトラブルも防ぐことが出来るので、安心して行えるjcss校正サービスを選んでおきたいところです。

jcss校正を受けた機器の品質は折り紙付き

一般の方にとってjcssという言葉はあまり耳馴染みがないという人も多いでしょう。しかし、実のところ、これは日本のモノづくりを考える上で欠かせない制度なのです。jcssとは、ある部品を測定する機器が本当に信用できるものなのかを、誰かが判断しなければなりません。日本では工業製品の生産はまだまだ需要がありますから、そういった精密機械の部品を製作するさいに、その部品を組み込んで問題がないのか、事前にわからないと実地で使用することができません。これがもし航空機などの人を乗せるものになると、少しでも不備や欠陥があると、大問題になってしまいます。
そこで登場するのがjcssの校正者です。この校正者が、国が定めた基準に従って測定機器を校正し、問題のないことが確認されれば、校正証明書が発行されます。この証明書を出してもらうと、その測定機器の正確性が担保されたことになるので、いざ精密部品を生産するさいにも、その製品の品質の高さをアピールすることができます。こういったjcss校正をしてもらうには専門の会社に依頼する必要があります。そのため、測定機器を作る会社からすれば、身近な存在と言えますが、もし直接縁がなかったとしても、jcss校正の認定を受けた機器の品質は折り紙付きなので、機材を購入するときの良い判断材料になります。

pick up

  • 測定結果と評価

    jcss校正は測定結果が保証されるだけなのか jcss校正は、…

    » read

  • jcssにおいて重要な「校正」

    メーカーと校正業者のjcss校正は違うのか 計測機器の校正は、…

    » read

Copyright(C)2017 工業用計測器の品質を保証するjcssの一般的概要 All Rights Reserved.