測定結果と評価

new posts

  • 社会におけるjcssの扱い

    jcssマークの証明書 何かものを作る際、正確な測定機器が必要…

    » read

  • 認定業者と製品の信頼度

    jcss認定業者を利用するメリット 物の長さなどを測る際にその…

    » read

jcss校正は測定結果が保証されるだけなのか

jcss校正は、校正の能力や技能を第三者が認めたものです。そのため、一般校正のように依頼側と校正業者側とが一対一で自らが証明するのとは異なり、双方のリスクも軽減することも可能です。
ですが、如何にjcss校正を行ったとしても、使用者が自らの判断で保証しなければならないポイントもあります。jcss校正はあくまで、測定値の不確かさを含む校正値を証明するだけであり、校正期限を決めるものではありません。つまり、いつまで精度保証の期間がないため、使用者が過去のデータを基に校正期限を決める必要があります。
これまで測定機器の校正を行ってこなかった会社が、初めて校正を行う場合や校正に関する知識が浅い場合など、自動車の車検のように有効期限が決められるものだと考えてしまうこともあります。
ですが、jcss校正とは第三者が校正された標準器を使用し、依頼した時点での測定精度を少ない誤差で測定してくれるサービスと考えておくことが重要です。
さらに、測定機器の精度が校正後に直ぐに外れてしまうケースもあるため、過去の校正データから間違いなく保証できる期間を設定することをおすすめします。
また、新規で計測機器を購入する場合は購入時点でjcss校正を依頼しておき、バックデータを確保しておくことが重要です。

jcssにおける信頼と評価

「jcss」という言葉をご存じでしょうか。何かを図る際に、定められた基準、測定機器によって正確な測量、数値を出す必要があります。計量法校正事業者登録制度とも言い、それらを行う専門業者の存在や、第三者からなる信頼や評価にも繋がる重要な制度なのです。ISO基準からなるグローバル化や国内で作業効率と作業の際の混乱を回避するためにも、この制度が必要になってきます。
本来jcssの目的は、流量計を校正することによる品質の管理が挙げられます。高い品質で定められた制度によって作業をする人材を育てること、定められた流量計も社内標準として使用することができ、企業のコミュニケーションがしやすい環境づくりが可能です。そのような目に見える要素以外にも、第三者による評価が長いスパンで事業展開する企業にとって需要になります。
標章が付くことによって業者は信頼されますし、顧客にとっても国を含む機関の審査を通過した信頼感を与えるのです。校正事業者だけが発行を許される「jcss標章付校正証明書」の存在によって、顧客にも分かりやすく高品質な計量計測トレーサビリティの提供を示すことができ、多くの企業が取得を目指しているのです。

pick up

  • 測定結果と評価

    jcss校正は測定結果が保証されるだけなのか jcss校正は、…

    » read

  • jcssにおいて重要な「校正」

    メーカーと校正業者のjcss校正は違うのか 計測機器の校正は、…

    » read

Copyright(C)2017 工業用計測器の品質を保証するjcssの一般的概要 All Rights Reserved.