jcssにおいて重要な「校正」

new posts

  • 社会におけるjcssの扱い

    jcssマークの証明書 何かものを作る際、正確な測定機器が必要…

    » read

  • 認定業者と製品の信頼度

    jcss認定業者を利用するメリット 物の長さなどを測る際にその…

    » read

メーカーと校正業者のjcss校正は違うのか

計測機器の校正は、メーカーと校正業者で違いが生じます。どちらもjcss校正に対応していたとしても、依頼方法の違いにより計測機器の校正証明が異なってしまいます。
メーカーにおけるjcss校正は、メーカーに推奨の校正点において実施されます。その結果、ノギスやマイクロメータなどの場合、校正点が多く、より高い誤差をチェックすることが出来ます。
一方で、校正業者の場合、同じjcss校正であったとしても、校正点は顧客の要求仕様によるため、精度保証に違いが出ます。つまり、校正業者に出す場合は、自社の品質要求にマッチングした要求仕様を見極めが必要となり、校正費用が抑えらるからといって安易に選択してはなりません。
もし、製品納入先の品質監査により、不備が指摘された場合、jcss校正であったとしても是正要求や改善要求を受ける可能性があります。
どうしても不安がある場合は、メーカーに対しjcss校正を要求するなどがおすすめです。また、校正業者に依頼するjcss校正は計測機器の測定範囲の内、自社で使用しない部分を校正しないなどを見極めることが重要になります。
校正業務に不慣れな場合、先ずはメーカーのjcss校正を行うのが無難な対応策となります。
また、校正点が多いほど、他の製品の検査業務への汎用が可能と言えます。

jcss校正は第三者からのお墨付き

計測機器の校正は、製品品質を保証する上で重要な管理業務となります。特にJIS認証やISO認証においては、計測機器の校正状況および管理、トレーサビリティ体系の確立が重要になります。
では、計測機器の校正を行っていればいいかと言うと、信頼性がある校正業者を選択する必要があり、その基準としてjcss校正業者もしくは、国家標準までトレース可能な業者に依頼がポイントです。
jcssとは第三者が校正業者が使用する標準器を校正し、保証している証となります。そのため、jcss校正業者に依頼することで自社の計測機器までも精度保証のお墨付きを受けることが出来ます。
計測機器の校正は、多方面から精度保証を受けることで、取引先や認証機関の信頼を確実に得ることに繋がります。
もし、取引先から製品納入のため、計測機器の校正要求があった場合は先ずjcss校正に対応したメーカーや専門業者を選択することが管理面でも効率的であり、高い信頼性を得ることが可能になっています。
jcssは国家標準に繋がるため、基準となる標準器の精度差も担保し易くなります。そのため、二次標準器や三次標準器の使用が少ないかどうかも重要な確認ポイントとなります。
標準器が増える分だけ大元との誤差範囲の影響は避けられないため、取引先での受入検査結果との差を少なくする上では、jcss校正はメリットがあります。

pick up

  • 測定結果と評価

    jcss校正は測定結果が保証されるだけなのか jcss校正は、…

    » read

  • jcssにおいて重要な「校正」

    メーカーと校正業者のjcss校正は違うのか 計測機器の校正は、…

    » read

Copyright(C)2017 工業用計測器の品質を保証するjcssの一般的概要 All Rights Reserved.